喘息完治法

成人喘息は治らない!?しかも重症化する・・・

本当に完治は無理なのでしょうか?

子供よりも厄介な大人の喘息

喘息は子供だけがかかる病気ではありません。

喘息患者全体からすると、成人喘息はむしろ小児喘息よりも多いのです。

子供のころからの喘息が治りきらなかったり、再発したり、あるいは小児喘息はなかったにも関わらず成人してから発症したり。

その形は様々ですが、これら大人の喘息を小児喘息に対して成人喘息といいます。

一般的に成人喘息は、小児喘息に比べて治りにくく、重症化しやすいと言われています。

 

【目次】

成人喘息が増加している理由

喘息はアレルギーとは限らない

成人喘息は重篤化する危険性大

成人喘息が増加している理由

成人喘息の発症時期大人の喘息は小児喘息が治りきらず、成人後にまで喘息を持ち越すタイプと、幼少期は喘息ではなかったにもかかわらず成人してから、特に中高年以降、新たに喘息を発症するタイプに分かれます。

 

喘息というと子供に多いと思われるかもしれませんが、実は近年大人の喘息患者が増えています。むしろ大人になってから初めて喘息を発症する人の方が多いのです。

 

過去に小児喘息にかかった経験がある場合、成人になって再発するケースは少なく、全ての成人気管支喘息の3~4%といわれています。

 

厚生労働省の統計によると、大人になってから初めて喘息を発症したケースが全喘息患者の約7割を占め、そのうち40代~60代での発症が約6割を占めます。子供の頃に喘息はなかったので安心というわけにはいかないのです。

 

成人の気管支喘息は、過去30年のスパンで見ると約3倍にも増加しました。中高年を過ぎてから初めて発症するようなケースも決して珍しくありません。

 

成人気管支喘息の多くが、アレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)を特定できない非アトピー型です。

 

アレルギーがなくても風邪や過労、ストレスなども喘息を発症させる誘因と考えられています。

 

働き盛りに発病する人が多いため、多忙のせいで重症化しやすいこと、加齢とともに気道や肺の機能が低下することなどが原因と言われていますが、早期に発見すれば治療効果も高く、適切な治療と自己管理によって、症状が改善する人も大勢います。

喘息はアレルギーとは限らない

子供の喘息は約90%がアレルギー性(アトピー型喘息)であるのに対して、成人喘息は60%ほどです。残り40%はアレルギーではない喘息(非アトピー型喘息)です。

 

当然、アレルギー体質の人は注意が必要ですが、そうでない人も喘息にならないとは限りません。

 

喘息のアレルゲンとしては、ダニやハウスダスト、花粉やペット、カビなどがあります。

 

しかし、アレルギー以外にも、風邪、大気汚染、ストレス、気候の変化、さらには解熱鎮痛剤、洗濯に使う柔軟剤や香水などの人工香料もその原因として挙げられています。

成人喘息は重篤化する危険性大

完治しなくてもQOL向上は可能成人喘息は小児喘息に比べて治りにくいばかりではなく、重篤化しやすい危険性が高くなります。

 

その違いは、成長期にある子供と成長の止まった大人、そして社会的地位によるところが大きいです。

 

小児喘息は3歳までに全体の60%~70%、6歳までに全体の約80%が発症しますが、比較的症状は軽いことが多く、年齢とともに改善していく傾向にあります。中には成人する頃には完治してしまうケースもあります。

 

小児喘息がそのまま喘息を持ち越して成人喘息になるケースもありますが、12歳~13歳頃をピークに、成人までに約6割が自然に、または適切な治療によって寛解していきます。

 

小児喘息の場合は、身体の成長に伴って肺も大きく成長することで、肺機能も自然と向上します。

 

また子供のうちは、親の管理下にあって、発作が起こった時も、十分な安静と休養をとることができます。

 

このように小児喘息が寛解しやすいのは身体的な成長と、環境によるところが大きいのです。

 

しかしながら、約4割は小児喘息から思春期喘息(13歳~18歳)を経て、成人喘息へと持ち越されてしまいます。

 

これは思春期になり、親の管理から離れて、薬や通院をある程度自分で管理するようになるために治療がおろそかになってしまうことが理由のひとつと考えられています。

 

つまり適切な治療さえ受けていれば、寛解したかもしれないのに、治療をおろそかにしたために成人喘息へと移行してしまったということです。

 

成人喘息になってしまうと、自然に治るケースは1割にも満たず、非常にまれなケースとなります。なぜなら大人の場合、子供と違って肺がそれ以上成長することはないからです。

 

喘息にかかった大人が治療をせず放置して置いたら、肺機能は悪化していくだけで、最悪の場合、命を落とす喘息死が待っています。

 

成人として社会人となると、子供のころのように、治療に専念することも難しくなってきます。

 

会社に勤めている場合、喘息の発作が出たからといってしょっちゅう休むわけにはいきませんし、遅刻や早退もそうそう許されるものではありません。

 

仕事中心で無理を重ねて、治療をおろそかにしてしまうこともあるでしょう。

 

治療しようとしても、忙しくて病院の開いている時間に行けなかったり、薬を飲み忘れたりすることもありでしょう。

 

あるいは家事や育児に追われて自分の時間が持てなかったり、親の介護をしなければならなかったりと、たとえ働いていなくても自分で時間をコントロールすることが難しい状況に置かれている大人は非常におおいです。

 

つまり、子供の頃とは違って、治療に専念できる環境を整えることが非常に難しいのです。

 

そんな環境下で喘息が知らず知らずのうちに重篤化してしまうのです。

 

さらに喘息は、疲れやストレスが大きく影響する病気です。

 

仕事や家事、育児、介護と大人は数々のストレスを抱えて疲れ切っています。

 

このような状況では、発作が起こる危険性は一段と高まってしまいます。喘息の負のスパイラルにはまってしまった状態と言えます。

 

このスパイラルにはまってしまうと喘息の症状は加速度的に悪化していき、短期間で一気に重症化してしまうのも喘息の特徴です。この段階だと喘息死のリスクもかなり高いと言えます。

 

「仕事が大事か自分の命が大事か」

 

答えは明白ですね。

 

喘息で命を落とす前に、周囲に理解してもらい、助けを求めましょう。

 

喘息完治法購入喘息を完治に導く方法