喘息完治法

ご存知ですか?喘息で死ぬこともあるってこと

以外と怖い喘息・・・一刻も早く完治すべきです!

喘息で死ぬことはないと思っていませんか?

「喘息で死ぬこともある」と認識している喘息患者は少ないようです。

実際に軽度の発作で死の恐怖を意識することはまずないでしょう。

しかし、症状が軽いからと言って油断していると、重篤な喘息はある日突然襲ってきます。

まったく予測不能なのが、喘息発作の怖いところなのです。

事実、喘息の発作で窒息死した喘息患者の中には、重症患者だけではなく、中度や軽度の患者も含まれているのです。

むしろ、喘息発作の本当の恐ろしさを知らない中度、軽度の患者の方がリスクが高いと言えます。

たとえ症状が軽くても決して油断してはいけません。

 

【目次】

喘息は最悪の場合、死に至ることも

喘息死を減らす予防医学

喘息の自己管理

喘息は最悪の場合、死に至ることも

喘息死は減少傾向日本の喘息による死亡者数は、1995年7,235人をピークに、2000年4,427人、2006年2,778人、2010年2,065人、2014年1,550人と原書湯傾向にあります。

 

しかし、それでも花粉症やアトピーなどのその他のアレルギー疾患に比べれば死亡者数はダントツに多い怖い病気と言えるでしょう。

 

そもそも花粉症やアトピーで死ぬことなんてまずありませんから。

 

喘息で死亡するケースが減少しているのは、近年吸入ステロイド薬が普及してきたことが大きく貢献しています。

 

ほとんどの喘息の死亡例では、吸入ステロイド薬を正しく吸入していなかった、もしくはまったく吸入していなかったケースです。

 

忙しくて通院できない、もしくはステロイドと聞いただけで拒否反応を起こす等の理由で、きちんと治療していなくて、発作が起きた時だけ病院に駆け込む。

 

このようなことは、はっきり言って自殺行為です。

 

残念ながら大人の喘息が自然に治ることはまずありません。

 

正しい治療と体質改善に取り組んで初めて完治するのです。

 

症状が軽いからと言って甘く見ていると、どんどん症状が悪化して重症化していきます。

 

今まで軽い症状しかなかったのに、突然重度の発作に襲われて死に至ることさえあります。

 

昨日まで全然元気だった若い人でも喘息の場合は死ぬことだってあるのです。

喘息死を減らす予防医学

完治しなくてもQOL向上は可能現代医学において、大人の喘息は治らないとされています。


しかし、気道の炎症を抑えることでQOLを改善させ、普通の人と同じように暮らしていくことはできます。


気道の炎症を予防するためにもっとも効果があるとされているのは、吸入ステロイド薬です。


吸入器を使い、患部にピンポイントで浸透させるタイプの薬です。


ステロイド薬と聞くと「副作用が怖い」と拒否反応を示す人が多いようですが、飲み薬とは違って患部にだけ作用するので、副作用もほとんどなく長期の使用にも適しています。


アトピー型喘息の場合には、花粉症の治療などでも行われている「減感作療法(特異的免疫療法)」が有効な場合もあります。


原因となるアレルゲンを少しずつ注射し、身体を徐々に慣らして過剰反応が起こらないようにする治療法です。


現代医学において唯一完治の可能性がある治療法ですが治療には数年単位の期間が必要で、成功率もそれほど高くはありません。


吸入ステロイド薬で気道の炎症を抑えながら、体質改善を図っていくのが最も現実的な方法です。

喘息の自己管理

喘息の発作を予防しつt完治を目指すには、医師まかせにするのではなく、あくまでも治す主体は自分自身です。

 

以下に喘息完治に向けた自己管理のポイントを挙げておきます。

気道の状態を知っておく

息を勢いよく吐き出したときに息が流れる速さを測定する機器(ピークフローメーター)で、気道の狭まり程度を知ることができます。


大人の喘息では、症状がしばらくでなくなって、治ったようにみえることがあります。ところが実際には気道の炎症は残っていて、気付かずにいるといきなり激しい発作に見舞われかねません。

 

気道の状態を知ることは、こうした発作の予防に役立ちます。毎日の測定値などを記録し、診断時に医師に見せるようにしましょう。

アレルゲンを減らす

アトピー型喘息では、原因物質(アレルゲン)にできるだけ触れないようにすることが発作の予防には効果的です。

 

ハウスダストやダニの糞などが原因の場合には、室内の掃除を徹底して行いましょう。たばこは、煙などが発作を誘発するだけでなく、気道を狭める原因ともなるので、絶対に吸わない、煙には近づかないことです。

風邪に気を付ける

成人喘息の場合、風邪をきっかけに喘息が発症することも少なくありません。

 

風邪をひかないように心がけると同時に、市販の風邪薬や解熱鎮痛薬を安易に使わないようにしましょう。

気候の変化に注意する

喘息の発作は、気候が不安定な時期に起こりやすい傾向がみられます。とくに前線の通過や台風などで気温や気圧が急激に変化したときは要注意です。

激しい運動を控える

運動が喘息発作の引き金となることもあります。これを運動誘発性喘息と言います。運動を行うときは事前に医師に相談し、どの程度の運動ならよいかを知っておきましょう。

ストレスをためない

成人喘息では、ストレスが誘因となって発作を起こすこともあります。積極的に気分転換を図り、睡眠を十分にとって、ストレスをためないように心がけることも大切です。

 

喘息完治法購入喘息を完治に導く方法