喘息完治法

運動誘発喘息

運動を制限する必要はありません。

喘息患者は運動してもいい?

【目次】

運動誘発喘息とは?

運動誘発喘息が起こりやすい条件

運動誘発喘息の予防

運動誘発喘息の診断

適度な運動

運動誘発喘息とは?

運動で喘息発作運動することによって誘発される喘息発作を運動誘発喘息といいます。

 

運動誘発喘息は多くの場合、特に治療しなくても20~30分後には治まりますが、症状が重篤な場合には治療が必要な場合もあります。

 

運動負荷テストを行い肺機能を経時的(時間を追って)に測定すると、肺機能が最も低下するのは運動終了後5~10分です。

 

運動することで呼吸が多くなり冷たく乾燥した空気をたくさん吸い込むため、気道が冷やされ乾燥して、気道の状態が変化する結果、発作がおこると考えられています。

 

マスクの着用や運動前にウォーミングアップをしたり、発作止めの薬を吸入しておいたりしておくことによって予防することができます。

 

喘息だからといって、運動を制限する必要は特にありません。ただ極度に激しい運動は控えるとともに、普段から治療を継続して、喘息をうまくコントロールしておくことが、運動誘発喘息を起こさないためのポイントです。

 

運動誘発喘息は、強度の高い運動を持続する場合や、冷たく乾燥した環境で運動する際に起こりやすく、高温多湿の環境では起こりにくくなります。

 

特に運動誘発喘息を起こしやすい運動がマラソン、起こしにくい運動が水泳です。

運動誘発喘息が起こりやすい条件

極端に激しい運動はNG運動の種類や時間

激しい運動
長時間の運動
歩行や水泳では起こりにくく、ランニングでもっとも起こりやすい

喘息の状態

ふだんからよく発作が出る
気道が過敏で、軽い刺激でもすぐに発作が起こる
ふだん使っている薬を忘れたとき

運動する環境

空気が冷たく乾燥した環境

運動誘発喘息の対処法

1. 運動を中止する
2. 水分をとって楽な姿勢で休む
3. 持っている短時間作用性β2刺激薬(発作止めの薬)を吸入する
4. 改善がみられない場合は、医療機関を受診する

運動誘発喘息の予防

運動誘発喘息を予防するには吸入ステロイドが有効もっとも重要なことは、ふだんから発作が起こらないように長期管理薬(吸入ステロイド薬)を継続し、喘息をコントロールしておくことです。

 

また、ウォーミングアップを入念に行うこと、運動15分前の短時間作用性β2刺激薬の吸入も効果的だといわれています。直前のインタール®の吸入、ロイコトリエン受容体拮抗薬の服用の効果も報告されています。

 

運動時にマスクを着用することも予防になります。マスクの着用は、空気の入口部の湿度と温度を保持することによって、気道の冷却と気道の水分喪失を防止する効果があり、運動誘発喘息を起こしにくくするのです。

 

特に子供の場合、冬季に行われる学校の早朝マラソンや自転車通学時の発作予防に有効です。

運動誘発喘息の診断

運動する度に繰り返す息切れや咳、胸苦しさがあれば運動誘発喘息の可能性があります。

 

確定診断のためには肺機能検査を行います。肺機能低下が吸入薬により改善したり、肺機能が正常でも気道を刺激するテストを行い、気道の過敏性が増していたりすれば診断確定となります。

適度な運動

喘息でも水泳はできる適度な運動を続けることで、内臓脂肪の減少や筋肉量の増加がおき、体力もつくことで、長期的には発作が起こりにくくなります。

 

ですので、運動誘発喘息だからと言って決して運動をしてはいけないということではありません。

 

発作の予防とコントロールをしっかりと行ったうえで、無理のない範囲で積極的にスポーツを楽しみましょう。

 

1日20分以上のウォーキングや水泳がおすすめですが、どんな運動でもかまいませんので、続けることが大切です。

喘息完治法購入喘息を完治に導く方法